ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

トップページ > 衛生センター > 汚泥肥料・ごみ受入れに関するご案内・お問い合わせ

衛生センター

汚泥肥料・ごみ受入れに関するご案内・お問い合わせ

汚泥肥料の無料配付について

渡島西部衛生センターでは、資源を有効利用するために余剰汚泥を発酵肥料化し、町民の方々に無料で提供しております。

ご入り用の際は下記のお問い合わせ先へご連絡ください。

 

お問い合わせ先

渡島西部衛生センター

TEL:0139-47-2201

FAX:0139-47-4226

 

※ただ今申し込みが殺到しており、申し込みから引き渡しまで4ヶ月ほどお待ちいただいております。あらかじめご了承ください。

汚泥再生処理センター施設画像

 

 

肥料について

 

汚泥再生肥料画像

 「エコクリーンおしま」は福島町千軒の汚泥再生処理センターで生産されている肥料で、肥料取締法に基づく普通肥料(登録番号 生第85465号)として登録されていますので、安心してご利用いただけます。この肥料は窒素とリン成分が多く含まれていますので、葉物野菜や花類には非常に有効ですが、カリ成分が相対的に少ないためカリ成分を補充するとさらに育成効果が期待できます。炭素窒素比が低く、また、未成熟な状態なため、開封時や散布時に若干の臭気がありますので、散布後は土壌とよく混和してください。

 

カリ成分を増やすには

 肥料は1袋15㎏詰めなので、1%分のカリ成分を増やすためには、市販肥料の硫酸カリなどを150グラム添加してください。降雪前に堆肥として使用する場合はもみ殻や稲わらを一緒にすき込むのも良い方法です。

 

用途

 農業・家庭菜園・芝生・土壌改良等

 

使用方法

・土壌改良剤(堆肥)として使用するとき

 10アール当たり1,000㎏(1㎏/㎡)を休耕期に土壌と混和してください。

・肥料(元肥、追肥)として使用するとき

 植え付けの2週間以上前に10アール当たり500㎏(500㌘/㎡)を土壌と混和します。追肥として使用する場合は、種子や根に直接ふれないように平均に散布し、土壌とよく混和してください。

 

主要な成分

水分 30%~40%
窒素 3.3%
リン酸 6.6%
カリ 0.5%未満
炭素窒素比 6
PH 中性

 

使用に適した作物類

  • 緑色葉の野菜類
  • アスパラ
  • 馬鈴薯
  • 南瓜
  • 人参

…などの野菜が肥料に適しています。

 

汚泥肥料に含まれる成分のカリが少ないため、作物の種類により通常肥料と混合して補っていただき、必要性分と合わせて加減してください。

 

 

ごみ受入れに関する案内

 

  • コンクリート殻、土、灰、石膏ボード等は受け入れできません。
  • テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン等の家電リサイクル法対象製品も受け入れできません。
  • 廃タイヤ、バッテリー、消火器等は指定引取場所へお持込ください。

消火器画像

 

衛生センターへの持ち込みごみについて

  • 個人の持ち込みごみは受け入れできません。
  • 引越し・災害等で多量のごみが出た場合は、予め役場の担当課に連絡をしてください。
  • 受入曜日・時間は祝日を除く月~金曜日の9~16時です。

 

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー